家づくりの悩みで多い設計プランと土地探し!どうしたら失敗しない?


家族に合わせた間取り!でもどんな設計プランが理想?

注文住宅を建築することになったとき、一番の楽しみともいえる間取りプランの設計。建売り住宅では満足する間取りの家が見つからなかった人も、自分の家族構成に合わせて好きな空間や部屋を作れるなんて理想ですよね。では、間取りを作るときどんなことに気を付けたらいいか知っていますか?もちろん自分の家だから好きなように決めていいのですが、一般的に家を建てる人がどのようなことに気を付けてプランを作っているのかをご紹介します。

まずは、自分が欲しいと思っている部屋などをピックアップしておき、実際にプランを作成してくれる設計士さんに詳しく伝えます。一例をあげると「シューズクローク」「パントリー(食品庫)」「ウォークインクローゼット」は必ず欲しい!「リビング階段が良い」などというように希望を明確にしておくことが大事です。それが曖昧なままだと建売り住宅とあまり変わらない間取りになる可能性もあります。

次に家事動線です。今は男性も女性も家事を分担して行う家庭が多くなってきています。ふたりで同じ家事をしているときや、別々の家事をしているときに余裕のある幅が取れているかや、ふたりがすれ違う時ぶつからないかなどに気を付けてプラン設計をしてみましょう。間取り図に動線を書き込んでみて、動きやすい間取りなら理想のプランと言えそうです。

土地探しが難航!?そんな時は見方を変えてみよう!

注文住宅でもう一つの悩みといえば、なかなか気に入る土地が見つからないということではないでしょうか。注文住宅の良さは間取りが家族に合わせられるという事ももちろんですが、土地の形に家も合わせられるということです。そのように見方を変えると、整形地と呼ばれる真四角の土地ではない、いわゆる不整形地も候補に入ってくるのではないでしょうか。

エリアを妥協せず土地探しを行いたい場合は、不整形地や狭小地、旗竿地など、通常あまり人気のない土地にも目を向けてみると、意外と見つかることがあるかもしれません。そんな土地の形を活かして、ユニークな設計プランを立ててみるのもおすすめです。

また、そのような形状の土地の場合、整形地より価格が安いことが多くおトクに家を建てられるかも。プラン例としては、狭小地なら1階は愛車を楽しめるガレージハウスにした3階建てや、旗竿地なら2階リビングやトップライトで採光を確保したり、勾配天井や吹き抜けなどで開放的なプランにすることも可能!不整形地でも快適な家を手に入れられる可能性があるのでぜひ視野を広げてみてください。

予算が少なくて家を建設するのを諦めているという人におすすめなのが、2000万の家です。価格以上の住み心地を実現してくれると人気です。