オール電化はメリットが大きい?どんな魅力があるのだろう?


オール電化は工夫すれば光熱費を減らせる

オール電化の物件を選ぶと電気とガスを併用している物件に比べると家賃がやや高くなるのが一般的です。それに見合ったメリットがあるのかと悩む人も多いですが、家族構成や生活スタイルによっては光熱費を減らせることによって経済的に住める可能性があります。エネルギー単価では電気とガスはあまり変わらなくなってしまいましたが、電気に一本化されることでガスの基本料金の支払い分程度は安くなるでしょう。また、電力自由化の影響を受けて、電気の使い方に応じて適切な電力会社を選ぶとかなり安く生活できるようになっています。エコキュートなどのうまく夜間電力を使える設備が整っている物件も増えてきているため、オール電化を選ぶと工夫次第でかなり安上がりな生活を送れるようになれます。

オール電化に住むなら電気代の見直しをしよう

オール電化の物件を選んだら最初の2ヶ月程度はやや光熱費が高くても諦めるというスタンスを持つことが大切です。その結果を踏まえて適切な電力会社に申し込み、料金体系に合った形の生活スタイルにしていけばかなり安くなっていきます。賃貸物件では電力会社を自由に変更できないのではないかと思う人もいますが、自由に契約できるシステムになっているのが一般的です。もし不安があるなら早めにオーナーか管理会社に連絡して問題ないことを確認しておきましょう。オール電化を選んだら積極的な光熱費の削減を考え、家賃がやや高い気がしても十分に取り返せるようにすることが肝心なのです。

魅力的な千歳の賃貸マンションは価格帯もリーズナブルな設定ですし、大自然に囲まれて生活することができます。