賃貸物件の探し方は変化しているってホント!?インターネットを活用しよう


駅前の不動産屋回りはもう古い

賃貸物件を探す際に、インターネットが広く普及したことで駅前の不動産屋を利用しなくても部屋探しが出来るようになりました。しかし、インターネット上で公開されている部屋は、全部屋のうちネット公開を許可している部屋のみに限られます。つまり、入居者が集まりにくいために多くの人の目に注目されるよう広く広告展開されている部屋もあるかもしれないというわけです。ネット非公開の部屋も存在しているので、地元の不動産屋に確認してみると良いでしょう。

地元の郊外型不動産屋が注目されている

賃貸の部屋探しを行う際に強い味方となってくれるのは、実は地元の郊外型不動産屋だと知っている人は何度も住み替え経験をしている人になります。なぜなら、大家から直接部屋探しを頼まれているのは地元の郊外型不動産屋であって、手間がかかる専任媒介契約をして直接入居者募集を行っているからです。地元の郊外型不動産屋ならば、インターネットに掲載されていないその不動産屋でしか案内していない部屋を見せてくれます。

賃貸エージェントを活用して手間を省こう

賃貸物件探しで不人気物件を掴まされたくなければ、賃貸エージェントを利用する手があります。賃貸エージェントは、不動産屋でありながら自社物件を持たないという特徴を持っていて、最初から客付け専門の営業スタイルを採用しているからです。直接不動産屋へ依頼しても大家に確認することが面倒だからと断っている不動産屋であっても、賃貸エージェントが間に入ると同じ業界の人が入っているために手抜きが出来ません。賃貸エージェントは不動産屋に入る広告料から利益を得るので、入居希望者は何も負担が無い点が優れています。

市内中心部のバスセンター前の賃貸は、周辺に大型ショッピングモールが充実しているので買い物に便利です。